千葉県鴨川市 大本山小湊誕生寺 公式サイト

千葉県鴨川市 大本山小湊誕生寺 公式サイト

 

>
>
平成20年9月

平成20年9月

彼岸にはひがんでいては渡れない

今月は秋彼岸です。この時期には、お仏壇に「おはぎ」等をお供えして、ご先祖様にご供養をする風習が全国で行われます。

またこの一週間は、私達が、普段迷いの世界であるこの世(此岸・しがん)から迷いのない安らかな世界(彼岸・ひがん)へ渡ろうとするために、日頃の自分の振る舞いを顧みる時期とも言われております。

日蓮大聖人は、【開目抄(かいもくしょう)】に『過去の因を知んと欲すれば其現在の果を見よ未来の果を知んと欲すれば其現在の因を見よ』と述べておられます。

すなわち、過去世に犯した罪が、現在その報いとしてこの世に現れているのであり、未来にどのような報いを受けるのかは、現在自分がどのように仏道を精進しているかによって定まるものである、と言われておられるのです。これを、お釈迦様は『因果応報(いんがおうほう)』と説かれたのです。

つまり、善い行いをすれば善い結果が、悪い行いをすれば悪い結果が待ち受けているのです。

そして、それもこれもすべては、自分が招いていることなのだと言うことです。

かく考えると、日々を生活に追われて仏道修行が出来ないと言い訳しても、結局困るのは自分自身なのではないかと思うのです。

誕生寺 布教部