千葉県鴨川市 大本山小湊誕生寺 公式サイト

千葉県鴨川市 大本山小湊誕生寺 公式サイト

 

>
>
平成21年1月

平成21年1月

新年明けましておめでとうございます。

平成二十一年己丑(つちのとうし)の新春を皆様方とともにお迎え出来ましたことを心よりお慶び申し上げます。

本年は、十二支で言うと丑年(うしどし)です。ウシは、紐(ひも)を表し寒冷の地中にある種子(たね)が、冷気に縛られながら芽生えの春に向けて、じつと耐え忍び、苦労にもめげずに、時が来るまで努力し続ける姿を意味します。

昨年は『行動力と財』をなす年だと言われておりましたが、どうも目先の事だけを考えての行動が多かったように感じます。

また、昨年の世相を表す漢字一文字に『変』という文字が選ばれましたように、色々な意味で、変化の多かった一年であったような気が致します。

日蓮大聖人は、「妙一尼御前御消息(みょういちあまごぜんごしょうそく)」に『法華経を信ずる人は冬のごとし。冬は必ず春となる』と、申されておられます。

すなわち、法華経を信仰する人は季節に譬(たと)えると冬のようなものである。辛く悲しい苦悩は、長く続くものではなく、冬が来れば必ず暖かな春がやって来るのと同じように、それらの苦悩はやがて必ず感謝と歓喜(よろこび)に変わる時がやって来るのだよ。と、言われておられるのです。

今年は、目標を明らかにして、それに向かつての準備の年と心得て一人ひとりが、御題目(南無妙法蓮華経)の種をしっかりと温める事に努力する一年と致しましょう。

誕生寺 布教部