千葉県鴨川市 大本山小湊誕生寺 公式サイト

千葉県鴨川市 大本山小湊誕生寺 公式サイト

>
今月の法話

今月の法話

             今月の法話    令和4年12月

 

     末法(まっぽう)にして 

     妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう)の五字(ごじ)

     弘(ひろ)めん者(もの)は男女(なんにょ)は きらうべからず

     皆(みな) 地涌(じゆ)の菩薩(ぼさつ)

     出現(しゅつげん)に 非(あらず)んば

     唱(とな)えがたき題目也(だいもくなり)・・・

     (乃至(ないし)・・・

     ともかくも 法華経(ほけきょう)に名()をたて

     身()をまかせ給(たも)うべし

 【 諸法実相鈔(しょほうじっそうしょう)

 

日蓮大聖人は、「末法と言われる現代において、法華経に出会い、その題目である南無妙法蓮華経を唱え、その教えを伝える人は皆、老若男女(ろうにゃくなんにょ)、違(たが)わず、過去世において、お釈迦さまの許(もと)で教えを聞き、お役目を勅命(たく)された地涌菩薩(えらばれたひと)である。

なぜならば、その人たちでなければ混沌とした世の中で、どのような困難が自分の身に降りかかろうとも、心折れずに向かえる人だからこそ、真にお題目を唱えきることが出来るからである。

このことをよくよく考えて、お題目を唱える人は迷うことなく久遠本仏(おしゃかさま)を信じきって、現証(なりゆき)を任せなさい。」と、述べておられます。

かく考えたとき、今年一年を振り返り、善()しきにつけ、悪()しきにつけ、お題目に守られた一年であったことに感謝し、迎える新年を、仏さまのような、穏やかでまあるい心で過ごせるよう心がけたいものです。

 

誕生寺 布教部