千葉県鴨川市 大本山小湊誕生寺 公式サイト

千葉県鴨川市 大本山小湊誕生寺 公式サイト

 

>
今月の法話

今月の法話

 

 

     今月の法話    令和元年五月

 

 

 

   (いか)に況(いわ)んや 一心(いっしん)に聴()

 

   ()の義趣(ぎしゅ)を解説(げせつ)

 

   (せつ)の如(ごと)く修行(しゅぎょう)せんおや

 

   ()の福(ふく)(かぎ)るべからず

 

【随喜功徳品(ずいきくどくほん)

 

     

 

 私たちは、一たび信仰の道に入ると、初めのうちは一生懸命に道を求め精進しますが、その過程において時には疑惑を持ったり、または三毒(さんどく)(瞋(いか)り・貪(むさぼ)り・痴(おろか))の誘惑によって、自分でも知らず知らずのうちに教えから遠ざかってしまいやすいものです。

 

 そのようなとき、自分の信仰を大事にして他に目移りしてはならない。と、法華経は静かに私たちに問いかけます。

 

 かく考えたとき、仏さまの教えを一心に傾聴(けいちよう)すると言うことは、自分の目の前に映るすべての出来事には、良いことや悪いこと。嬉しいことや悲しいこと。その一つ一つが、み仏が私たちに何を語りかけてくださっておられるのかと言うように領解(りかい)し、すべてを受け入れた上で南無妙法蓮華経とお題目をお唱えすることが大切なことではないでしょうか。

 

 だからこそ、お題目を真(しん)にお唱えする人の『其の福限るべからず』なのではないかと思うのです。

 

誕生寺 布教部